WIRE BUTT WELDING MACHINES MADE IN GERMANY
Deutsch | English | Français | 日本語 | Español | Русский | 中文

AUGUST STRECKER、ワイヤーおよびケーブル業界を支えて85年以上

about-strecker-history-large.jpg

1933

AUGUST STECKER GmbH & Co. KGは1933年にデュッセルドルフアムラインに創立されたました。アウグスト・シュトレッカーが商業管理を行い、クルト・グルーベが溶接機器を設計しました。創業最初の年に、特許申請をしました。

1943

1943年以来、本社はリンブルグ・アン・デア・ラーンにあります。経営は1945年にグルーベ氏によって引き継がれました。グルーベ氏は会社に大きな影響を与えました。この次期、現在の敷地はちょうどJahnstrasseの拡張と重なり、工場も大きくなり、取り扱うモーターの種類も格段と増えました。初めてのダブルアップセット突合せ溶接機械が設計、製品化および発売されました。

1969

1969年に急死したクルト・グルーベ氏の後に、彼の妻であるアンネマリー・グルーベが会社を引き継ぎました。それから25年以上、彼女が会社を経営し2人の業務代理人であるホルスト・ハニッシ氏とライナー・シュトックと一緒に成功をおさめました。両者は1985年にCEOに任命されました。新しい行政管理ビルが建てられ、1970年代初頭より世界中の商業フェアで顧客ベースを広げてきました。

90年代

90年代の半ばにはグルーベ氏は一線から退き、それ以来、何十年も会社の第一線で活躍してきたライナーに引き継がせました。彼の長年の経験およびメカニカルエンジニアリングの分野における深い知識やワイヤーおよびケーブル業界の分野における顧客のそれぞれの特殊なニーズが会社の成功に大きく貢献しています。

2000

長年女性社長として活躍していたアンネマリー・グルーベが死去しました。

2007

2007年夏、グルーベ家によって所有されていた会社の大部分を息子たちであるベルントとミヒャエル・シュトックが手に入れました。両者ともメカニカルエンジニアリングを専門としたエンジニアとしてのバックグラウンドと知識を持っており、業界でも数年間の経営経験も持っています。

2008/2011

リンブルグにある生産拠点が拡張され、条件に満たすようになりました。


シュトックジュニアとシニアは一緒に会社のより安定した健康的で長期の発展のために貢献し、全社員からのフルサポートを期待できます。