当社の沿革 85年以上にわたって
ワイヤーおよびケーブルの業界で活躍

2020

WIRE 2020では、SmartWeldingが発表されます。機械は形状および色彩デザインの再設計を受けます。溶接制御および焼鈍制御の成功例であるV20に代わって、V30が登場します。

2010年代

この10年間の初めには、現代の要件に合わせてリンブルク工場の生産エリアが整えられ、拡大されました。大型溶接機械(MS、SSおよびMKシリーズ)の油圧コンセプトおよび制御コンセプトが根本的に近代化されています。すでに2010年からは、STRECKER - FULL PARAMETER CONTROL (FPC)の操作コンセプトが導入されており、以後の数年間には、とりわけ溶接データ収集が拡張されています。

また、2010年からは、STRECKER社は溶接変圧器技術のポートフォリオを拡張しています。すなわち、三相直流溶接電源および中周波技術が顧客に選択肢として提供され、最大2,500 mm²までの銅導体ロープの溶接が可能になっています。2018年には、Bernd Stockが経営から退いています。

2008年および2009年

プログラム可能な溶接制御および焼鈍制御V20は、2008年に初めて納入されています。2009年には、溶接機械技術のマイルストーンとなるSS80縦型が発表されています。

2007

2007年夏、Bernd StockおよびMichael StockがGrube家から主要な株式を取得。2人は、ともに機械工学を専門とする産業機械技師もしくは工学士(専門大学工学士)としての確固たる背景知識を有しており、すでに産業界で多年にわたる管理経験を積んでいます。

Stock親子は経営陣として一丸となり、会社が今後も安定して健全で長期的な発展をとげるように心を配り、その際には、全社員の全面的なサポートを期待することができます。

2000

長年にわたりマネージングパートナーを務めてきたAnnemarie Grube女史が90歳で死去。2000年代に入って、機械の年間生産台数は継続的に増加しています。Strecker社は、ワイヤーおよびケーブル業界における多くの有名企業のパートナーとして知られており、お客様のニーズに合わせた溶接機械の信頼できるサプライヤーとしても知られています。

1990年代

90年代の初頭には、縦型溶接機械3a/b型のトレンドが始まり、1991年には溶接制御V3が発表されています。90年代半ばにGrube女史が現役経営陣から引退。Rainer Stockが、当社のお客様や従業員からの連絡を受ける主な窓口となります。

Rainer Stockの長年にわたる経験と機械工学の分野における深い知識、ならびに、ワイヤーおよびケーブル業界分野での当社のお客様のそれぞれ特殊なニーズに関する知識が、会社の成功を保証するために大きく貢献しています。1998年からは、従来型のバージョンV1、V2およびV3に代わって、新しい溶接制御および焼鈍制御V12が発表されています。

1980年代

1985年からは、KS3、KS5およびKS10型の冷間溶接機械シリーズの市場導入に成功しています。1986年には、Horst HanischとRainer Stockが常務取締役に就任しています。1980年代には、MKシリーズによって、アルミニウム製および銅製の地中ケーブルに対する最大溶接領域が大幅に拡大されました。

1988年には、例えば0-SC型などの特殊機械および特殊スチールコード機械が発売されています。初のバッテリー駆動式切断プライヤーBTZ型は、1989年に導入されています。

1969

1969年にKurt Grubeが急逝すると、妻のAnnemarie Grubeが経営を引き継ぎます。その後25年以上にわたり、Annemarie Grubeは、Horst HanischおよびRainer Stockという2人の授権代理人たちと共に会社を経営し、大成功を収めます。

新管理棟が建設され、顧客層が拡大されています。70年代の初頭からは、世界各地で開催される様々な見本市に参加しています。

1943

1943年以来、本社はリンブルク・アン・デア・ラーンにあります。経営は1945年からGrube氏が単独で引き継いでいます。Grube氏は会社に決定的な影響を及ぼしています。現在の敷地は、1952年にJahnstrasse 5番地に移転して拡張されたものです。会社は大きく成長し、取り扱う機械の種類も、特別設計の4a/b/c型も含んで大幅に広がっています。

1950年代の末には、最初のダブルバット溶接機械が開発・製作され、納入されました。1962年からは、量産型溶接機械のSシリーズ(S6-fu /S6-pn)、その後にはS100-PNが幅広い製品ポートフォリオに加わっています。1966年に、Streckerは、フラッシュバット溶接機械ASM30/60型を発表しています。

1933

AUGUST STRECKER GmbH & Co. KG社は、1933年にライン川沿いのデュッセルドルフで設立されています。August Streckerが商業管理を担当し、工学士のKurt Grubeが溶接機器を設計しています。設立年には、すでに最初の特許が出願されています。これが、当社のラジアルガイド式抵抗突合せ溶接機械の製品群の基礎となっています。

August Strecker KG.

その他の事実