抵抗ローラーシーム溶接

抵抗ローラーシーム溶接(略称: ローラーシーム溶接)は、抵抗圧接工法に属する抵抗シーム溶接であり、抵抗スポット溶接から派生した抵抗シーム溶接です。

溶接に必要な力および電流は、ローラー電極およびフラット電極を介して伝達されます。ローラーとして形成された電極がシートを押し合わせ、溶接電流を集中的にワークに伝導します。

シート生産の際には、コイルが圧延ラインおよび塗装ラインで連接されます。費用の都合上、最も頻繁に使用されるのはオーバーラップシームです。

不利な作用としては、シーム領域で断面の肥厚が残り、一方のワーク部品から他方のワーク部品へ力が伝達される際に力の流れのたわみが生じ、両方のシートの接触面に隙間が残ります。そのため、ノッチ効果および隙間腐食が生じますが、これは純粋なプロセスシームでは無視できる程度のものです。

もっと詳しく読む・・・

当社にお問い合わせください
お客様のための会社。

お客様との密接な関係が当社にとっては重要です。ご質問またはご要望の際には、お気軽に当社のお問い合わせフォームからご連絡ください。

ありがとうございます!

お客様のデータは正常に送信されました!
すぐにご返事を差しあげます。

申し訳ございません!

残念ながら、お客様のデータは送信できませんでした。
ページを再読み込みしてから、もう一度お試しください。

Nathalie Payelleville
販売
ドイツ語 / フランス語 / 英語
電話: +49 6431 / 96 10 - 16
sales@strecker-limburg.de

当社の電話受付時間:
月曜~木曜 07:30~16:00
金曜 07:30~15:00

当社の国際的な代理業者:
世界中の代理店