ろう接のプロセス

ろう接とは、ろう材を溶かして液相を生成し、材料を一体的に接合するという熱プロセスです。

母材の 固相線温度 には達しません。ろう接を行うことで、取り外しのできない材料接続が可能になります。

通常の場合は接続材料として、容易に溶融する金属合金である ろう材 が使用されます。これを用いて、2つの金属部品が金属接合されます。ろう接による接続の特徴は 金属間化合物の形成を通して接合する という点です。母材とろう材がこの薄い層内で合金を形成し、強固な接合を形成します。

もっと詳しく読む・・・

当社にお問い合わせください
お客様のための会社。

お客様との密接な関係が当社にとっては重要です。ご質問またはご要望の際には、お気軽に当社のお問い合わせフォームからご連絡ください。

ありがとうございます!

お客様のデータは正常に送信されました!
すぐにご返事を差しあげます。

申し訳ございません!

残念ながら、お客様のデータは送信できませんでした。
ページを再読み込みしてから、もう一度お試しください。

Sigrun Möbus
販売リーダー、ppa
ドイツ語 / フランス語 / 英語 / スペイン語
電話: +49 6431 / 96 10 - 15
sales@strecker-limburg.de

当社の電話受付時間:
月曜~木曜 07:30~16:00
金曜 07:30~15:00

当社の国際的な代理業者:
世界中の代理店